コレステロールを下げるサプリ選びに気をつけたい7つのこと

コレステロールを下げるためには食生活の改善、適度な運動、禁煙、節酒をすることが大切です。

 

しかし急激に食生活を変えたりするのは難しい…というのが正直なところではないでしょうか。

 

そんな時は、コレステロールを下げるためのサポートとしてDHA・EPAのサプリメントをうまく活用することで解消されます。

 

青魚に多く含まれているDHA・EPAはオメガ3脂肪酸のひとつで、生活習慣病の予防に効果的だと注目されおり、EPAは脂質異常症の治療薬としても使われている成分です。

 

このDHA・EPAのサプリメントはたくさん販売されているため、どれを選べば一番効果を期待できるのかわからないという声もよく聞きます。

 

正直、どんなものでも効果があるとは言えません。

 

そこでDHA・EPAのサプリメントを選ぶために気をつけたいことをまとめていますので、選ぶときの参考にしてください。

 

DHA・EPAサプリメント選びのポイント7つ

7

 

成分の配合量

 

DHA・EPAの含有量が少なくても400r以上のものを選べば食事からだけでは足りなかった分を補えます。

 

品質・安全性についての記載があるか

 

原料になるものや製造過程において粗悪なものもあるので、安全性への記載がされているかを確認しましょう。

 

価格だけで選ばない

続けて飲むものなので価格は安いに越したことはありませんが、あまりに安いものは品質がよくないこともあります。元々DHA・EPAの原料は安いものではありません。安いということは原料が粗悪だったり、配合量が少なかったりします。

 

酸化を防ぐサポート成分は入っているか

DHA・EPAは酸化しやすい成分です。サポート成分が入っていないものは保存期間中にも酸化が進んでしまいます。せっかく飲んでも酸化してしまっては意味がありませんよね。

 

体内への浸透・吸収率は良いか

DHA・EPAは実は水にとてもなじみにくいという特徴を持っています。どれだけ含有量が多くても体内に吸収されなければ意味がありません。だからこそ体内への浸透や吸収率にこだわっているものを選びましょう。

 

サプリメントが飲みやすく加工されているか

飲み続けることで効果を発揮するサプリメントなので、飲みやすさのことも考えられたサプリメントを選ぶ方が良いです。DHA・EPAはとても魚臭く飲むのが苦痛になって断念してしまうこともあります。

 

購入者のリピート率はどうか

実際に飲んでみた人がどのくらいリピートしているかで、そのサプリメントの良し悪しがある程度判断できます。

 

 

これら7つのポイントを抑えて、しっかり効果を実感できるサプリメントを選んで、コレステロールを下げ動脈硬化のような病気のリスクを減らしましょう。

 

コレステロールを下げるラボが独自に調査した結果、上記7つのポイントを押さえているサプリはこちらです。

 

 「きなり」の詳細はこちら