コレステロールが高いとどんな病気になる可能性があるの?

コレステロールの数値が高いと病気になるリスクが高くなると聞いたことがあると思います。でもどのような病気にかかるリスクが上がるのかを詳しく知らないという方も多いですよね。

 

悪玉と呼ばれるLDLコレステロールが高いと様々な生活習慣病を引き起こしてしまいます。

 

それもすぐに命にかかわるような病気にかかるリスクがあがります。

 

コレステロールというのは実は人間にとって必要な脂質なのですが、必要以上に増えてしまうと血管の壁に蓄積して動脈硬化の原因となります。

 

細かい血管にできるのではなく、大きな動脈に血栓ができやすい状態になっていることが多いので、突然倒れる…というようなことが起こる可能性があるのです。

 

動脈硬化が原因となり起こりやすいのは、日本の死亡原因の第2位にもなっている心疾患などのリスクがあります。

コレステロールが高いとかかりやすい病気

【虚血性心疾患】

心臓を囲む冠動脈が狭くなり起こす『狭心症』
冠動脈が完全に塞がると『心筋梗塞』

【脳梗塞】

脳の血管にできた血栓が詰まる『脳血栓』
他でできた血栓が脳に運ばれて詰まる『脳塞栓』

【大動脈瘤】

心臓から血液を運ぶ大動脈に動脈硬化が進行すると、血管が硬く、弱くなりコブのように膨れてくる。このコブが破裂すると『大動脈瘤破裂』。すぐに命にかかわります。

【腎動脈硬化症】

腎臓の動脈が詰まり、尿として老廃物を排出する働きが低下し、進行すると人工透析が必要になる。高血圧が急に悪化することもあります。

【閉塞性動脈硬化症】

最近多い病気で、手や足の抹消動脈が狭くなることで血行が悪くなります。手足のしびれや冷えを感じるようになり徐々に痛みが強くなります。

 

このようにコレステロール値が高いと脳や心臓など太い動脈に起こる動脈硬化が多いのです。動脈硬化はサイレントキラーとも言われるほど自覚症状がありません。そのため心筋梗塞などで倒れてから気が付くということも多く注意が必要です。

より危険度が増す他の危険因子とは

コレステロールが高いと動脈硬化による危険な病気にかかる可能性が高くなるのですが、よりいっそう危険が増してしまうその他の危険因子があります。

 

これらの症状がひとつでも当てはまる場合は、すぐにでもコレステロールを下げるための対策を始めて下さい。

  • 脂質異常症(高LDLコレステロール血症・低HDLコレステロール血症)
  • 糖尿病(糖尿病予備軍も含みます)
  • 高血圧
  • 喫煙(1本でも吸う場合は喫煙者です)
  • 慢性腎臓病
  • 抹消動脈疾患

この中でも脂質異常症は特に大きな影響を及ぼしますのでかなり動脈硬化のリスクが高いと言えます。

 

動脈硬化による数々の疾患から体を守るために、生活習慣の改善をしてコレステロール値を管理することが大切です。

 

 

生活習慣の改善には
運動なら

の記事を

 

食生活の改善なら

の記事もチェックしてみてください。