LDLコレステロールを下げるためにカンタンにできる運動法

悪玉と言われるLDLコレステロールが高くなってしまう原因の一つに運動不足があります。

 

適度な運動をすることができればコレステロールの数値は変わってきますが、運動にもいろいろありますよね。

 

大きく分けると、

  • 有酸素運動
  • 無酸素運動

の2種類がありますが、コレステロールを下げるのに効果的な運動は、有酸素運動となります。

コレステロールを下げる有酸素運動はどんなものがあるの?

有酸素運動といっても、長距離マラソンのような体に負担になるものではなく、少しきついと感じる程度の軽い運動を継続するほうが効果は上がります。

【カンタンにできる運動法】

《ウォーキングを30分程度》
ウォーキング

 

無理のないペースで実践することでとても続けやすい有酸素運動です。LDLコレステロールを下げるためには30分以上を目安にしてください。

 

いつでも気軽にできるウォーキングは続けやすさは一番ですね。

 

《水中ウォーキングを30分程度》
ウォーキング

 

通常のウォーキングに比べ水中なので体にかかる負荷が増えるためとても効率よくLDLコレステロールを燃やすことが可能です。足腰など間接に不安のある方は水中ウォーキングのほうが関節の負担になりにくいのでおすすめです。

 

ただ、プールに出向くことや水着を準備しなくてはいけないというデメリットがあります。

 

《ヨガを30分程度》
ヨガ

 

ヨガは呼吸法に基づいて行う運動なので、代謝を高めてくれます。ウォーキングや水中ウォーキングに不安がある方は、ヨガを始めてみましょう。

 

ヨガ教室に通うのが理想ですが、DVDや本もたくさん販売されているので見ながらやってみるだけでもいいと思います。

 

 

どの運動方法でも自分が実践しやすいものを1日30分を目安に継続することが大切です。

 

ただし、これまで全く運動をしていなかった方にとって30分の運動はハードに感じるかもしれません。そんな時は自分の感覚で「ちょっとつらい」と感じる程度でやめてもらって大丈夫です。

 

短時間でも継続しながら少しずつ時間を延ばしていけるようになります。あくまでも運動時間は目安なので自分の感覚を重視して頑張っていきましょう。

 

 

忙しくて運動する時間を取れない…

 

そんな方は日常の中に運動を取り入れましょう。

  • 電車通勤をしているのであれば一駅手前で降りて歩いてみる。
  • エレベーター、エスカレーターを使わずに階段を使ってみる。
  • 女性なら、スーパーへの買い物を車や自転車を使わず歩いていく。
  • 家の2階に物を取りに行くのを1度に済ませず、わざと2回、3回に分けてみる。

 

このように普段の生活の中に取り組むことでわざわざ時間を作らなくても運動することができます。

 

普段からあまり歩かないという方でも、まずは1日に1000歩ずつ増やすことを意識するだけでも違ってくるので少しずつやってみてください。

 

最終的には1日10000歩が理想です。

 

 

軽い有酸素運動を継続することで足の筋肉も鍛えられ、基礎代謝量を上げることにもつながります。

 

また、運動とともにサプリを取り入れることでより効率的にLDLコレステロールを下げることが期待できますよ。
サプリの選び方参考記事:コレステロールを下げるサプリ選びに気をつけたい7つのこと