コレステロールの高い低いには代謝が関係してるというけれど、どういうことなの?

 

コレステロールというのは、体内で生成されるのが約8割で、食事から摂取するのはわずか2割と言われています。ほんとんどが体内で生成されるんですね。

 

この体内で生成されるコレステロールは肝臓が担っています。

 

肝臓は、腸内で吸収された栄養を代謝する働きを持っており、他にも栄養の貯蔵や排せつなどとても大切な役割をもった臓器なのです。

肝臓が行う脂質代謝とは

肝臓が行う脂質代謝とは、脂肪酸を合成したりコレステロールに合成します。更に肝臓でLDLコレステロール、HDLコレステロールに分類されるのです。

 

肝臓が弱っていると、この脂質代謝がうまくいかずバランスを崩してLDLコレステロール(悪玉)ばかりを生成してしまうということにもなります。

 

肝機能が弱まると脂質代謝がうまくいかないので体にLDLコレステロールがたまるというようなことが起きてしまいます。

 

肝臓と脂質代謝はとても深い関係にあり、肝臓が弱れば代謝がうまく行かなくなりますし、肝機能を高めれば脂質代謝がうまくいくということになります。

 

コレステロールは全てが悪いものではなく、生命の維持に欠かせないとても大切な存在です。ホルモンの原料でもあるし、細胞膜をつくる役割もあります。このようなコレステロールを生成する肝臓は、身体の中でもとても重要な臓器と言えますね。

肝臓を弱らせないためには

脂質代謝が正しく行われるためには肝機能を高めればよいのです。肝臓に負担を与えないためにいくつか今すぐ実践できることをまとめていきたいと思います。

  • 食べ過ぎない(腹八分目)

食べ過ぎは肝臓にとても負担をかけてしまうので腹八分目で食事を終えるようにしましょう。

  • 脂っこい食事ばかりは避ける

揚げ物のような脂っこい食事も肝臓に負担をかけます。たまに食べるくらいに頻度を減らしましょう。

  • 野菜やキノコ類のような食物繊維を多く摂る

食物繊維は余分なコレステロールを絡め取ってくれます。毎食できるだけたくさん取るようにしましょう。

  • タウリンが豊富なものを食べる

タウリンには肝臓の働きを助けるとともに、肝細胞の再生にも効果があります。牡蠣やあさりのような食材をメニューに取り入れるようにしましょう。

  • 大豆製品を摂る

大豆には肝機能を正常にする効果があります。納豆や味噌汁など取り入れやすい方法で毎日適量摂るようにしましょう。

  • アルコールは控えめにする

アルコールが入ると肝臓は代謝をするためにフル活動し疲れさせてしまいます。更に年齢を重ねるたびに肝臓は小さくなり、より負担がかかります。毎日飲むのではなく1週間に2〜3日は休肝日をつくるようにしましょう。

 

 

他にはできるだけ生活リズムをただし、ストレスを溜めないようにすることも大切です。