コレステロールが高いまま長生きってできるの?

長生き

 

これまでの常識としては、コレステロールが高いと病気を引き起こすとしてかなり『悪者扱い』されてきました。

 

ただ、ここ最近の研究で『コレステロールが高い方が長生きできる』という真逆ともいえる発表がされ話題になっています。

 

これは本当のことなのでしょうか。

コレステロールの常識

悪玉と言われるLDLコレステロールは血管壁に付着し、血流を悪くしたり血管を詰まらせて心疾患などの病気にかかるリスクが高いとされており、下げるための努力が必要だとされてきました。

 

実際、LDLコレステロールが高いのはよくないとして、あまりに高い数値がでるとコレステロールを減らす薬が処方されます。

 

LDLコレステロールや中性脂肪が高いと血液はドロドロで血栓ができることによって心筋梗塞や脳梗塞をおこす可能性があがるわけです。

 

だからみな健康でいるために食事に気をつけたり、運動するなどして努力してきたのです。

 

そのはずなのに、なぜコレステロールが高いと長生きできるというような発表がされたのか…

 

コレステロールは低い方が良いのか、高い方が良いのか…はっきりさせてほしいところですね。

LDLコレステロールは本当に悪者?

コレステロールにはLDLコレステロールとHDLコレステロールがあります。

 

LDLコレステロールは悪玉として有名ですが、実は悪いことばかりするものではありません。

  • 長寿に関係の深いホルモン
  • 免疫に関係の深いホルモン
  • 認知機能に関係の深いホルモン
  • 骨の代謝に関係が深いホルモン

このような体にとって重要なホルモンの原料となるのがLDLコレステロールです。

 

動脈硬化を進行させたりする悪さをするのも、健康維持をするのもLDLコレステロールなので、一概にコレステロールが高いと怖い病気になるとは言えないんですね。

 

更に、病気との関係で高い方が良い場合と低い方が良い場合とがあるそうです。

 

例を挙げさせてもらうと、

 

心臓病の場合→LDLコレステロールが高いと死亡率が高い

 

脳梗塞の場合→LDLコレステロールが低いと死亡率が高い

 

このように病気によって違ってくるので、高い方が長生きできると短絡的には考えない方が良さそうです。

まとめ

自分だけで判断するのではなく、病気の経験があれば主治医に相談してどのようにしていくのが最善策なのか判断しましょう。

 

事実として言えることは、

  • コレステロールが高いのは血管を詰まらせやすい
  • 血管に血栓が詰まり命にかかわる病気のリスクが高い

ただし、このリスクがすぐに死亡につながるというわけではないことです。

 

現在、医師によっても意見が二つに分かれており、自分が信頼できる医師と相談して決めていくことしかできません。これまで常識だと思っていたことが逆になる場合もあるでしょう。しかし、最終的な判断は自分でするしかありません。

 

現在の段階では、簡単に結論をだすことはできません。コレステロールは高い方が長生きできるんだから、このままでいいやという考え方は危険ともいえますね。