中性脂肪は低いのにLDLコレステロールだけが高いのはなぜ?

健康診断で中性脂肪は低いのに、LDLコレステロールだけが高い…これっていったいどういうことなの?と思いますよね。

 

そもそも中性脂肪とコレステロールの違いもよくわからないといこともあると思います。

 

ひとつの原因として、血液検査の前に摂った食事によっても中性脂肪の数値は変わってくるので、たまたま中性脂肪が低く出たという可能性もあります。

 

 

要は直前の食事にすぐに影響がでるのが『中性脂肪』

 

毎日の生活習慣によって影響するのが『LDLコレステロール』

 

と覚えていただくとわかりやすいと思います。ということは、LDLコレステロールが高いというのは日々の生活を見直す必要があるというサインとなります。

 

サイン

 

中性脂肪が低くLDLコレステロールが高いときのリスクとは?

直近の食事の影響だけではなくいつも通りの生活をしていて血液検査を行った時に、中性脂肪は低くLDLコレステロールだけが高いという検査結果だった場合には気を付けていただきたいことがあります。

 

多くの場合、中性脂肪が低く出る方は皮下脂肪も少なく、いわゆる『痩せ型』であることがほとんどですが、痩せているのにLDLコレステロールは高いというのは病気へのリスクが高いといえます。

 

その理由は、コレステロールが高いといっても何も自覚症状はないので、食べ物に気を付けるということもあまりされないことが多く、検査結果で高LDLコレステロール血症になっていた…ということになりやすいのです。

 

 

中性脂肪が低いのは危険です!

 

中性脂肪は低ければ低いほど良いと思っていませんか?実は中性脂肪が低すぎるのは病気のリスクが上がります。

 

・脂溶性ビタミンが少なくなることでおこる『めまい』このような症状がある方は特に気をつけましょう。(脂溶性ビタミンとは、ビタミンAやビタミンE、βカロテンとなります)

 

脂溶性ビタミンが体内に少なすぎる状態が続き、進行していくと『動脈硬化』をおこすリスクが上がります。

 

 

中性脂肪もコレステロールも正常の範囲内に収まることが何より健康でいられる条件ですね。

 

LDLコレステロールが高い原因とは

コレステロールというのは元々年齢と共に上がりやすいものなので、若いころと同じような生活をしていればいつの間にかものすごい数値になってたりすることもあります。

 

若いころのように基礎代謝も高いころは、少しくらいコレステロールの高い食事をしていてもよかったのですが、年齢と共に代謝が悪くなるので体内にたまりやすくなってしまうのです。

 

コレステロールが高くなる原因は

 

  • コレステロールの高い食事が多い
  • 野菜をあまり食べない
  • いつもお腹いっぱい食べてしまう
  • アルコールをよく飲む
  • タバコを吸う
  • ストレスが多い
  • 運動不足
  • 男性45歳以上
  • 女性閉経後

 

主にこれらがコレステロールをたまりやすくします。

 

ただ、コレステロールの高い食事をやめて野菜だけ食べるというような食生活はよくありません。栄養のバランスを整えて、腹八分目というのが理想です。

 

適度な運動とバランスの良い食生活を目指しましょう。

 

普段の生活から食生活を変えて栄養バランスの良い食事をし続けることがどうしても難しい場合は、サプリを取り入れて改善を目指していきましょう!

 

コレステロールを下げるためのサプリの選び方については「コレステロールを下げるサプリ選びに気をつけたい7つのこと」のページを参考にしてくださいね。