コレステロールが高いのと不妊の関係性は?ピルの飲用は大丈夫?

血液検査でいつもコレステロールが高いと診断され、特に自覚症状はないためにそのまま何もせずにいました。

 

そんな時に知った『コレステロールが高いと不妊になりやすい』というもの。これから妊活をしようと思っているだけにとても気になる話題です。

コレステロールが高いのと不妊の関係

不妊で悩む女性

 

コレステロールが高いと不妊の原因の一つとなりうるという論文が発表され話題になりました。

 

夫婦2人ともにコレステロールが高い→妊娠までの期間が最も長い

 

妻のみコレステロールが高い→コレステロールが通常の夫婦より妊娠までに長い期間を要する

 

という調査結果がでました。

 

明らかな原因はまだわかっていないのですが、女性のコレステロールが高いとせっかく受精できたとしても着床しないことが多いようです。

コレステロールが低いのも妊娠しにくい

コレステロールが高いのも問題ですが、コレステロールは低すぎても女性ホルモンが正常に分泌されにくくなるために妊娠しにくくなることがあります。

 

コレステロールとホルモンには深い関係があります。

 

コレステロールは悪いものとしてとらえられることが多いのですが、実は体を維持するのに重要な役割を持っています。ホルモンはこのコレステロールを原料として分泌されるので、女性ホルモンの分泌に支障をきたすほどコレステロールが少ないと排卵がうまくされなくなってしまうのです。

 

女性だけでなく、男性が低い場合は、元気な精子が少なくなってしまい受精ができにくくなってしまうのです。

コレステロールが高いけどピルは飲んでもいいの?

先ほども触れましたが、コレステロールは女性ホルモンをつくるために欠かせない原料です。

 

ただし、必要なはずのコレステロールも増えすぎると動脈硬化の原因となり血栓症を引き起こしやすい状態となるので危険です。

 

ピルの副作用として、高コレステロール血症になることがあるのですが、もともとコレステロールが高い人がピルを飲めば、更に高くなってしまう危険があります。

 

ピルは女性ホルモンを主剤とする薬なのでコレステロールが高いという場合には服用を避ける方が安心ですね。

 

ピルの使用に注意が必要な方は、コレステロールが高い、高脂血症、高血圧、喫煙者となります。どうしてもピルが必要な場合は医師と相談のうえで服用するようにしてください。

 

基本的にはコレステロール値や中性脂肪値に異常がある場合は服用はできません。

 

 

なお、コレステロールや中性脂肪の値の改善にはサプリメントが有効です。

 

サプリの選び方については
コレステロールを下げるサプリ選びに気をつけたい7つのこと
のページをご覧ください。