コレステロールが高いと病院に行くべき?行くなら何科がいい?

コレステロール 病院

 

健康診断などでコレステロールが高いという結果を受けて病院へ行くべきなのかどうなのか迷うことも多いと思います。
さらには、病院に行くとしても何科を受診すればいいのかわかりませんよね?

 

まず、病院を受診するべきかどうかはその数値によっても変わってきます。
目安はLDLコレステロールが140r/dl以上の場合は病院を受診したほうが安心なレベルになります。
基準値を少し上回る120〜139r/dlあたりであれば、食生活の改善や運動などで対策することで下げることができるレベルともいえます。

 

ただし、他に持病がある場合は少し高いという程度であっても病院を受診し医師の指示に従うようにしてください。

 

コレステロールが高いときは何科を受診するの?

何科を受診すればいいかわからない場合は、まずは基本的に総合内科を受診し、精密検査を受けましょう。
精密検査の結果により、糖尿病などの生活習慣病やその他の疑わしい病気があれば対応している病院への紹介状がでます。

 

肝臓などへの影響が心配される場合は消化器内科へ。
腎臓への影響が存廃される場合は腎臓内科へ。

 

この先は検査結果によって専門家である医師からの回答や指示があると思いますのでそれに従えばよいということになります。
ただ、現在持病がある場合は、かかりつけの病院へ受診するのが望ましいです。

 

コレステロールを下げるための対策

病院へ行くほどでもない、薬は飲みたくないという場合はすぐにでも改善をするようにしましょう。

 

コレステロールが高いと脂質異常症(高脂血症)や動脈硬化という病気になるリスクが高くなります。
食生活や生活習慣を改善し悪玉コレステロールを下げる努力をしていきましょう。

 

【食生活の改善】

  • 食べ過ぎず腹八分目
  • 糖質や動物性脂質を摂り過ぎない
  • 青魚を食べる(できれば刺身など生で)
  • 料理に使う油をコレステロールが上がらないものに変える
  • マヨネーズは黄身だけで作られているものより、全卵で作られているものにする
  • 野菜や豆類のような水溶性食物繊維を多くする
  • 中性脂肪やコレステロールを下げるDHA・EPAのサプリを飲むようにする

 

参考記事:
コレステロールを下げるサプリ選びに気をつけたい7つのこと
コレステロールを下げるための食事カンタンレシピまとめ
コレステロールを下げる食品と高い食品を徹底チェック!
コレステロールを下げるお茶や飲み物にはどんなものがあるの?
コレステロールと卵の関係は?高いと食べない方がいいの?

 

【運動をする】

  • 1日30分有酸素運動をする

水泳、スロージョギング、ウォーキング、水中ウォーキングなど
毎日が無理でも1週間で180分はできるようにすると良いです。時間がとれないくらい忙しい方は、階段を使うようにしたり、駅まで車ではなく歩くようにするなどで少しでも運動を取り入れる方法を考えてみて下さい。

 

【禁煙する】

百害あって一利なしと言われるタバコは今すぐにでもやめてしまいましょう。ほかの努力をしてもタバコを吸うことで意味がなくなってしまう…という研究もあります。

 

【アルコールを控える】

毎日の飲酒は肝臓への負担が大きく、コレステロール上昇に大きく関係しています。1週間に1〜3日は肝臓を休ませるために禁酒しましょう。

 

【ストレス発散をする】

人はストレスがたまると自律神経に影響を及ぼします。ストレスがない生活は難しいですが、自分なりのストレス発散法を見つけて溜めないことで健康を維持できるようにしましょう。

 

参考記事:
LDLコレステロールを下げるためにカンタンにできる運動法