卵はコレステロールが高いから食べない方がいいと聞いたことがあるから控えめにしてるけど・・・

 

でも実際はどうなんでしょうか?

 

卵を毎日食べている人でもコレステロールが低い人もたくさんいますよね?

 

ここではコレステロールと卵の関係についてまとめて紹介したいと思います。

コレステロールと卵の関係は?

まず、コレステロールが高くなる原因として

  • コレステロールの高い食品を多く摂っている

とよく言われています。だからコレステロール値が高い卵はやり玉に挙げられて食べない方が良いと言われるんですね。

 

しかし、これには少し誤解があります。鶏卵協会も卵でコレステロールは上がらないと主張しています。これはどういうことなのでしょうか…。

 

コレステロールは食事から摂取しているのは約3割!

 

あとの約7割は肝臓で生成!

 

と言われています。

 

肝臓はコレステロールを一定に保てるように生成量を調節しています。食事からコレステロールを多く摂取すれば肝臓は生成量を減らしバランスを保とうとするので卵を食べたからって直接コレステロールが上がるわけではありません。

卵を食べても大丈夫?

卵にはレシチンというリン脂質とオレイン酸という脂肪酸があり、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす作用があるということです。

 

体に悪い影響があるのは悪玉コレステロールです。

 

卵にはこの悪玉コレステロールを排出させるために必要な善玉コレステロールを増やす働きがあるんですね。

 

ということは、卵は食べても良い食品ということになります。

 

ただ、高コレステロール血症の人はコレステロールのバランスが体内でうまくできていないこともあるのであまり摂取しない方が賢明だと考えられます。

 

もちろん、コレステロールも正常値で健康体の方でも食べ過ぎはよくありません。1日に1個〜2個程度として、バランスよく栄養が摂れるようにメニューを考えましょう。

コレステロールが低すぎるのも危険です

コレステロールは高いと病気のリスクがあるといわれますが、国立循環器センターの研究でコレステロールが低い人ほど脳卒中のリスクが高いという結果がでました。

 

その他の研究でも、コレステロールが低い人ほど『がん』や『うつ病』のリスクが高いこともわかりました。高すぎても低すぎても病気のリスクが高まってしまうということですよね。

 

コレステロールを含む食品をできるだけ食べないようにして低コレステロールになっている方は注意が必要です。

 

コレステロールは生命の維持に欠かせない脂質です。バランスを考え規則正しい食習慣を身につけることが肝心です。