コレステロールを下げるお茶や飲み物にはどんなものがあるの?

普段から取り入れやすいお茶や飲み物でコレステロールを下げる効果があるものがいくつかあります。

 

コレステロールを下げる飲み物は、実は普段からよく飲んでいるものがとても多いです。そうはいっても、具体的にどんなお茶が効果が高いのかわからない…。

 

ここでは、コレステロールを下げる効果の高いお茶や飲み物を紹介したいと思います。劇的に数値を下げるというものではありませんが健康のために取り入れたいものですね。

コレステロールを下げるお茶や飲み物

【緑茶】

緑茶に含まれるカテキンがコレステロールの吸収を抑えると言われています。食事と一緒に摂取すると効果が高いそうです

【ローズヒップティー】

ローズヒップティーにはビタミンC、カルシウム、リコピンが豊富に含まれており中性脂肪もコレステロールも下がると言われています。食前に飲むのが良いです。

【杜仲茶】

杜仲茶に含まれる成分がアディポネンクチンを増加させることでコレステロールを下げてくれます。食事の前か食べながら飲むと良いです。

【紅茶】

紅茶にはカテキンとポリフェノールの一種が含まれており、血管を強く、若くする効果があります。ちょっと一息の時に飲みましょう。

【ココア】

ココアに含まれるポリフェノールがコレステロールを下げます。出来れば砂糖は控えめに…。

【赤ワイン】

赤ワインにはポリフェノールがたくさん含まれています。白ワインよりも皮ごと作られる赤ワインの方がよりポリフェノールが多く含まれています。ポリフェノール効果で血液サラサラ効果もあります。ただし、アルコールなので飲み過ぎには注意しましょう。

【ウーロン茶】

ウーロン茶には脂肪を分解する作用があります。脂肪が分解されるとコレステロールも下がると言われいます。食事中に飲むと効果が高いです。

【コーヒー】

コーヒーに含まれるカフェインには脂肪を分解する作用があり、脂肪分解することでコレステロールを下げる効果も期待できます。

 

最近の研究で、血液のコレステロールが高くなると掃除の役目をする『マクロファージ』が死んでしまい血管内に残ることが問題になっていたのですが、コーヒーに含まれる『フェルラ酸』によって『マクロファージ』を復活させてくれることがわかりました。

 

緑茶でも同じ効果が期待されているので、コーヒーが苦手な方は緑茶でも大丈夫です。

 

ただし、コーヒーの飲みすぎは気を付けて下さい。1日に5杯以上のコーヒーを飲み続けると心臓病のリスクが高まるそうです。

【豆乳】

豆乳の原料の大豆はコレステロールを下げる効果があります。間食などしてしまう場合は、お腹持ちも良くなるので豆乳を飲むと良いですね。

 

大豆イソフラボンは女性ホルモンにとても近いものとして有名です。そのため過剰に摂取するとバランスを乱してしまうことがあるので飲みすぎに注意しましょう。

【オレンジジュース】

果汁100%のオレンジジュースはコレステロールの数値を正常にしてくれる働きをしてくれます。1日に200ml程度飲むことで脂肪肝のリスクを減らします。

 

果糖の摂り過ぎはよくないので1日200mlくらいでやめておきましょう。

 

 

他にも

の記事もぜひ参考にしてください。