コレステロールが高いとめまいが起こりやすくなる?

めまいをよく起こすけど、これってコレステロールが高いから?

 

めまい

 

「最近めまいがよくする…」
「頻繁にフラフラ感がある…」
「健康診断でコレステロールが高いと言われた…」

 

このような場合は少し注意する必要があります。
なぜなら、コレステロールが高いことで引き起こされる病気のサインかもしれないからです!

 

コレステロールって一体なに?

コレステロールというのは脂肪の一種だということはあなたもご存じかもしれません。
ただ、コレステロールはすべて悪いものだと勘違いをしてはいませんか?

 

実はコレステロールというのは体を維持するためにとても大切な脂質のひとつなのです。
細胞膜を構成したり、ホルモンの原料となるような役割を持っていて、無くてはならないものがコレステロールです。

 

ただし、こんなコレステロールも増えすぎてしまうと、余ったコレステロール(悪玉コレステロール)が血管壁にこびりつきます。
これにより、脂質異常症(高脂血症)となり動脈硬化を起こし、血が流れにくくなったり、詰まらせてしまうことで心筋梗塞といった大きな病気の引き金になる可能性があがります。
なお、この血管壁についたコレステロールを取り除いてくれるのが善玉コレステロール(HDL-C)と呼ばれるものになります。

 

コレステロールが高くてめまいが起こるのは?

コレステロールが高いと脂質異常症となり、動脈硬化が進行して様々な病気のリスクが高まります。
その中でも危険度が高いのが心筋梗塞です。
心筋梗塞とは、心臓の周りを囲んでいる冠動脈に血栓が詰まり心臓に血液が送られなくなるため、心筋が死んでしまう病気のことです。

 

症状として、

  • 心拍数が上がる
  • 動悸
  • めまい

があります。

 

もし、めまいや動悸などが頻繁に起きていて、なおかつコレステロールの数値が高いのであれば、心筋梗塞の初期症状として現れている可能性も捨てきれません。

 

心筋梗塞とまではいかなくても、「コレステロールが高い=血液ドロドロ」ということなので、すでに脂質異常症(高脂血症)となり動脈硬化が進んでいて、血流がスムーズにいかず、めまいを起こしやすいということも考えられます。

 

もともと、動脈硬化などはほとんど自覚症状がないままに突然倒れたりすることでわかるケースが多いのですが、めまいがひどいというような症状がでるというのはかなり脂質異常症(高脂血症)や動脈硬化が進行している可能性もあります。

 

いずれにしても、めまいの症状やフラフラ感がよくあるのであればすぐにでも病院を受診するようにしてください。
よほどの場合は投薬治療になりますが、ほとんどの場合食生活の改善や生活習慣の改善を指導されます。
それにより、めまいやフラフラ感が改善されるかの経過を観察ということになると思います。

 

また、最近の研究で遺伝的にコレステロールが高くなるケースがあることがわかりましたが、それも検査をしなくてはわかりません。
どの場合においても一番大切なのは、食生活と生活習慣の改善です。

 

ただ、コレステロールを下げようと頑張りすぎて『低栄養』になってしまうこともあるので気をつけたいですね。

 

コレステロールを下げるためには

実は、食品から摂取するコレステロールは善玉も悪玉もありません。
吸収されたコレステロールが運ばれるときに善玉になったり悪玉になったりするのです。

 

ということは排出する力を強くすれば悪玉コレステロールは溜まりにくくなるので、排出しやすい環境を整えることも大切になってきます。
排出環境を整えるのに必要なのは善玉コレステロール。
この善玉コレステロールを増やすのに有効なのは『有酸素運動』です。

 

有酸素運動が直接悪玉コレステロールを下げるのではありません。
ただ、排出の力となる善玉コレステロールを増やすことができるため、結果的に悪玉コレステロールを下げられるということです。

 

1日に歩く歩数が多ければ多いほど善玉を増やすことができるので、一度には無理でも1日10000歩を目指して頑張りましょう。

 

また、動物性脂肪を多く含むような食品は避けるのが無難です。
動物性脂肪は飽和脂肪酸が含まれていますが、この飽和脂肪酸は摂りすぎるとコレステロールが増えてしまうことが判明しています。

 

あと、活性酸素も悪玉コレステロールを増やす原因となります。
この活性酸素はタバコ1本でおよそ100兆もの数を発生させたり、その他にもストレス、運動不足、油の多い食事などが活性酸素を増やす原因になりますので、極力活性酸素を増やさないように意識することも必要です。

 

 

「毎日10000歩も歩くのは難しい」
「動物性脂肪を避けるのは難しい」
「活性酸素を増やさないようにするのは難しい」

 

といった場合には、コレステロールを下げるのを手伝ってくれる成分が多く含まれたサプリを取り入れることも検討しましょう。

 

さいごに

大事なことなので最後にもう一度書いておきます。

 

  • めまい
  • 動悸
  • 心拍数の上昇

 

これらの症状が日常的に起きている、または最近急に増えてきたなどがあれば、まずは一度病院にて診察を受けるようにしてくださいね。