コレステロールを下げるには?まずは高い原因を知ることから!

コレステロールが高い

 

血液検査の結果を見て・・・なにこの数値!?コレステロールの数値が高い!

 

何も自覚症状がないからこそ検査結果で驚く方も少なくありません。

 

コレステロールには『総コレステロール』『LDLコレステロール』『HDLコレステロール』の3種類があります。

 

この中で悪玉と呼ばれる『LDLコレステロール』の数値が高い場合は注意しましょう。

 

自覚症状が何もないのでそのまま放置してしまう方もありますが、知らないうちに動脈硬化が進行してしまい心筋梗塞や脳梗塞で突然倒れる…なんてことになってしまう危険があります。

 

まずはコレステロールが高くなってしまう原因を知り、今すぐ改善をしていきましょう。

 

コレステロールが高くなる原因

コレステロールというのは代謝の良い若いころにはたまりにくいのですが、年齢とともに代謝が悪くなることで、若いころと同じように脂っこいものや甘いものを食べていると体内にたまりやすくなってしまいます。

 

《コレステロールが高くなってしまう主な原因3つ》

 

  • 生活習慣や食生活の乱れ
  • 病気や薬の副作用によるもの
  • 遺伝

 

コレステロールが高くなってしまう主な原因はこの3つになります。中でも現代において一番多いのは生活習慣や食生活が関係しているものになります。

 

  • 脂っこい食事が多い
  • 野菜をあまり食べない
  • 甘いものが好き
  • 過食(カロリーの過剰摂取)
  • 肥満
  • 煙草を吸う
  • アルコールをよく飲む
  • ストレスの多い生活
  • 運動不足

 

コレステロールが高い食品ばかりを摂りつづけていると、生活習慣病のリスクが高くなるのでコレステロールを下げてくれる食品を毎日の献立に取り入れて、コレステロールとうまく付き合っていきましょう。

 

コレステロールが高い原因は男女でも違う!?

主に男性の場合はアルコールの過剰摂取や煙草、脂っこい食事などが直接原因となっていることが多いのですが、女性の場合にはホルモンの分泌が大きく影響します。

 

若いころは女性よりも男性のほうがコレステロールが高いと診断されることが多いのですが、この理由は女性特有のホルモン分泌が関係しているためです。

 

ただ女性でも急激にコレステロールが高くなってくる時期があります。

 

更年期以降、閉経を迎えると急激に悪玉コレステロール(LDL)が上がりやすくなるのです。

 

これは、血中の悪玉コレステロールを肝臓に取り込むために働く、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が減るため数値が高くなってしまうのです。

 

女性も油断せず、更年期以降は特に食生活に気を配っていきたいですね。

 

コレステロールを下げるにはどうしたらいいの?

ではコレステロールを下げるためにはどのような対策をすればよいのか見ていきましょう。

 

主には原因に対する対策をすればよいのですが、少し解説すると…

 

  • コレステロールが多く含まれている食品を避ける
  • コレステロールが上がりやすい食品を避ける
  • コレステロールを下げる食品を積極的に摂る
  • 摂取カロリーに気を配る(カロリーを摂りすぎない)
  • あまり負担にならない有酸素運動をする(ウォーキングなど)

 

このように食生活に関しては食品を工夫したり、コレステロールを下げる成分をサプリメントで補うというのも効果的です。

 

 コレステロールを下げるサプリ選びに気をつけたい7つのポイントとは?